無料ブログはココログ

貸付業務

2014年8月22日 (金)

貸付業務について

貸付業務には、生活資金、慶弔資金、医療資金、入学資金、羅災資金があります。

契約者もしくは代理者の確認を受けて、資金借入申込書兼借用証書に、振込依頼書を添付し、提出してください。

①借入の資格→加入期間が1年以上であること。

②保証人の資格→加入期間が2年以上であること。

                                                                                                     
 

種別

 
 

貸付限度額

(万円)

 
 

償還期間(月)

 
 

手数料(%)

 
 

事由

 
 

必要書類

 
 

生活資金

 
 

12

 
 

12

 
 

 
 

加入職員が不時の支出を要する場合の資金

(加入期間が1年以上5年未満)

 
 

 
 

15

 
 

15

 
 

 
 

同上

(加入期間が5年以上10年未満)

 
 

 
 

20

 
 

20

 
 

 
 

同上

(加入期間が10年以上)

 
 

 
 

慶弔資金

 
 

25

 
 

25

 
 

 
 

加入職員またはその子の結婚資金及び加入職員の被扶養者または家族(2親等以内)の葬儀資金

 
 

(家族の場合のみ)

住民票

 
 

医療資金

 
 

25

 
 

25

 
 

 
 

加入職員及び加入職員の被扶養者または家族の医療に要する資金

 
 

診断書及び医療費の領収証または請求書、(家族の場合のみ)住民票

 
 

入学資金

 
 

25

 
 

25

 
 

 
 

加入職員の子の高校などへの入学資金

 
 

住民票及び合格通知書

または入学許可書

 
 

50

 
 

50

 
 

 
 

加入職員の子の大学などへの入学資金

 
 

同上

 
 

罹災資金

 
 

50

 
 

50

 
 

 
 

加入職員が居住する家屋、家財などが罹災したときの資金

 
 

災害又は罹災証明書

(加入職員が世帯主でない場合は住民票を追加)